いたい皮ふ科 トップページ
いたい皮ふ科 方針 いたい皮ふ科 治療内容 いたい皮ふ科 設備の紹介 いたい皮ふ科 Q&Aコーナー いたい皮ふ科 トップページ
当院の方針
特徴
ドクター紹介
診療時間
ご案内図
院内施設のご案内
シミ・イボ治療
レーザー脱毛
ケミカルピーリング
若返り治療
ピアス
電子カルテ
ナローバンドUVB装置
M&M 炭酸ガスレーザー
NIIC ルビーレーザー
SCITON クリアスキャン
SCITON Joule 7
SCITON BBLs
MeDioStar XT
なんでもQ&A

<いたい皮ふ科>

五所川原市中央4丁目67
TEL:0173-38-4976

■診療時間
(月~土)
9:30~12:00/14:00~17:30
※手術日以外は9時開始

休診日
日曜・祝祭日
第2・4土曜日

いたい院長の日記

日々思うことを気ままにつづった日記帳です

記事一覧

SCITON、 Stanford大訪問

最近全ての遺伝子の発現を解析する手法が確立進化しており、レーザー照射後の
皮膚でどのような変化が起きているかを調べることが出来るようになりました。
今回スタンフォード大学(鳩山前首相の母校というとどの様に取られるか解りませんが)から
フォトフェイシャル後にどの様な遺伝子発現があるかを実験した論文が発表されました。
Bitter先生という、世界で初めてIPLをフォトフェイシャルへ応用した先生が、参加なさって
おり、数十年前の臨床写真とフォトフェイシャル後の写真を比較したりしております。
年齢経った方が若返っている。という臨床写真での結果も凄いことですが、遺伝子の発現
もフォトフェイシャル後に若返る!というのを世界で初めて実証したのも凄いことです。
以前はIPL(Intensed Pulsed Light)を(インチキ パルス ライト)と兪す先生も
多かったのですが、このようなエビデンスを出すことが出来て、良かったです。

正月休みを多めに取らせて貰い、サンフランシスコ近くにあるSCITON社と上記論文を
発表なさったBitter先生のクリニックと、Stanford大学の形成外科・レーザー治療部門の訪問をしてきました。
SCITON社では、現在進行中のプロトタイプを見せてもらいました。Jim社長やプロダクトマネージャー
等多くの方と話が出来て良かったです。
当院での症例をプレゼンし、今後の製品開発の要望もしてきました。
日本のDr達やマーケットを高く評価してくれ、要望に沿った製品の改良をしてくれているのは、
嬉しい限りです。
当院でもプロトタイプが来る予定ですので、新しい治療法を提供できる様になると思います。
きちんとした形になれば、案内する予定です。

Bitter先生のクリニックを訪問後、ランチミーティングもしてきました。
いわゆる妊娠線等にも積極的にレーザーを使っているようでした。
大変気さくな先生で、当日私の誕生日でしたが、他の方と一緒に祝っていただけました。

Stanford大の訪問では、教授とレーザー部門の医長であるZakia先生にクリニックの案内をして
頂きました。回診やカンファレンスに参加誘われましたが、時間が無かったので、残念ながら
場所を移動し、Zakia先生方とランチミーティングをさせて頂きました。
当方の症例を供覧し、先生とディスカッションをさせて頂きました。
今回の訪問は非常に有益で、刺激になるものでした。
次回はStanfordでの診察にも参加したいと思っております。
アレンジをして頂いた、サイトン社の林さん、Robertさん。ありがとうございました。

  • 2013年01月01日(火)00時00分

SCITON大阪ユーザーズミーティング

大阪で行われたサイトンのユーザーズミーティングで講演してきました。
女子医の根岸先生と田中先生とご一緒させて頂きました。
拙い発表とプレゼンでしたがなんとか無事に済ますことができました。
IPLについての発表や研究は大体出尽くした感じがありましたが、根岸先生の
発表にはsomthing newが必ず入っているのと、田中先生も段々とbrush upした
ものをお出しになっており、頭が下がる思いです。
私も同じ事を繰り返さないように、精進していく所存です。

  • 2012年09月23日(日)14時00分

第111回日本皮膚科学会

京都で行われた、皮膚科学会総会で発表してきました。
ポスター展示で、プレゼンもありましたが、会場が広すぎるのと、同時に行われるので
他の学会程聴衆は集まりませんでした。
今まで治療法が無い、もしくは治療されずに放置されていた疾患へ、レーザーを利用して
出来るだけ安全に、効果的に治療を行うのが私の研究テーマです。
中々難しいですが、これからも精進していきます。

  • 2012年06月02日(土)22時25分

第22回世界皮膚科総会

震災後から更新しておりませんでしたが、その後色々と動きが有ったのと、忘備録として
また過去に遡って記載させて頂きます。

4年に一度開かれる第22回世界皮膚科総会に参加してきました。
いつもは遠い所で行われるので、中々参加出来ませんでしたが、今回は韓国で行われるとの事で、
参加して見ました。
色々な講演も魅力でしたが、金曜の夜に行われたSCITON社のイブニングミーティングは面白かったです。
世界中とはいかず、アジアとアメリカ等の近隣国の先生方が主な参加者でした。
日本人は一人で、心細い感じでしたが、シンガポールなどの先生方とお話をする期会が
持てて、良かったでした。
ハワイと韓国、台湾の先生に講演して頂き、アジア人のスキンタイプに対応した治療の仕方をレクチャー
して頂き、参考になりました。台湾やハワイは色黒の方が多いので、特にレーザーによる熱傷や炎症後色素沈着
が起きやすいので、気を付けて治療なさっているようでした。
この会に参加して、他の先生方の頑張り様を見て、器機更新をする事に決めました。
海外の学会でも発表出来るように、努力します。

  • 2011年05月28日(土)22時20分

ペルラクリニック 本田先生

夜は、ペルラクリニックの本田先生と御一緒させて頂きました。

先生の所ではミラドライという、腋の多汗症とわきがの治療機を入れています。
マイクロ波と言って、電子レンジと近い波長のエネルギーを腋の皮膚に入れると、表面は変化せず、汗やにおいの元となる皮脂腺を破壊します。
オペをしなくても、1-2回の治療でかなりの効果があるようです。

ミラドライの輸入元の社長さんも同席して頂いたので、いろいろとお話を聞くことができました。

まだ、1世代目の機械でもあり、使用法が確立している治療ではないのと、実際にわきがのオペをかなり施術した先生でないと、実際の効果を出すのは難しいと思います。

本田先生はかなり経験症例数も多くストイックな方なので、私がもし多汗の患者さんでしたら、施術はこちらのクリニックでお願いしたいと思います。

当院では手足の多汗症にも使えるマシンが出たら、購入しようと思っております。


そのほかにも本田先生には色々と診察に有用なことや、考えるべき点を教えて頂きました。

お時間頂きありがとうございました。

  • 2011年02月12日(土)23時55分

東京女子医大

土曜日の午前中は東京女子医大の青山女性・自然医療研究所に見学にいきました。
こちらはレーザー治療を中心でやっており、当院と同じサイトンも最近使用しております。

サイトンのユーザーは少ないため、情報交換ができる場所が増えたのは喜ばしいことです。

大学の施設で、しかも今回見学させて頂いた根岸先生や田中先生は論文や発表を国内外で多数されている方ですので、非常にためになるお話もきかせて頂きました。

面白かったのはCear Scanを脱毛だけではなく、キュテラのジェネシスのようにリジュビネーションに使っていたことです。
ジェネシスと同じようにサイトンでも通常のハンドピースで打てるのですが、クーリングしながらスキャナーでまんべんなく打つことができます。
そのため、ジェネシスよりももっと高いエネルギーを、冷やしながら安全に、かつムラなく入れることができます。
非常に頭の良いやり方だと思いました。

当院でも真似して照射してみたいと思います。

根岸先生、田中先生。お昼過ぎまでありがとうございました。

  • 2011年02月12日(土)14時41分

脱毛学会@沖縄

アップロードファイル 9-1.jpg

当院のサイトンBBLとClear Scanの脱毛について、メーカーサイドから依頼がありましたので、発表してきました。
場所は沖縄でしたが、あいにくの雨でした。
スコールのように降っては止み。の繰り返しで熱帯地方なんだな。という感じでした。
台湾に来たような雰囲気です。


翌日の学会はなかなか真面目な討論が繰り広げられておりました。

とくに厚生省から役人の方がきて、脱毛行為の法的解釈について説明なさっておりました。
「一般のエステでの脱毛行為は医師法違反。だけど、罰則規定がないので野放し状態で、トラブルを起こす所はたまに摘発されるくらいである。
医師の指導下で看護婦が施術をするのは合法だが、いわゆる免許のないエステシャンが行うのは違法である。注射と同じ扱いである。」との解釈なようです。

写真はサイトン社の林社長と事務の池田さんです。
いつもお世話になっております。



なんとか無事発表が終わって、東京へ移動しました。

  • 2011年02月11日(金)18時19分

サイトン Pro Fractional

当院でも先月末にプロフラクショナルを1週間程度試用させていただきました。

ケロイド、妊娠線などの皮膚線条、リジュビネーション(若返り)を行いました。

全顔面のリジュビネーションを行った方は、ドレッシング剤を3日程全顔面に貼りました。
その後は剥がしても点状の痕や紅斑もそれほどでなく、むき卵みたいになりました。
顔面を左右で穴の深さを変えて打ち分けしましたが、深く穴をあけた方は、毛細血管の拡張まですべて取れており、素晴らしい出来栄えでした。

もう一人の方は1週間目でもまだ点状のかさぶたが少し付いており、時間がまだかかりそうです。

ケロイドにもなかなか効果はあるようです。

効果はありますが、2日目までは、ドレッシング剤を貼った後の顔は、点状出血もあり、ホラー映画に出てくる、レクター博士が拘束されていたのと同じような顔になってしまいます。

マスクをしないと外には確実に出れません。

今後の導入機器のリストには入りそうです。
ただ、田舎でこの治療を受け入れられる人が多いかは疑問です。

  • 2011年02月04日(金)13時23分

抗加齢医学会

抗加齢医学会のサイトンの紹介ページにコメントを載せました。
他の先生方のも載っておりますので、ご参照ください。

https://www.mbf-new.com/content/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3

  • 2011年02月02日(水)13時59分

香港出張

7日を休診として、7日から10日まで香港に出張してきました。
現地ではgreat china(中々すごい名前ですね。)社のClement氏と中古レーザーの商談と現地クリニックの訪問、ミーティングを行いました。

Lui先生のところもかなりの種類のレーザーを置いており、CMまで流しているくらいの盛況ぶりです。

現地は東京の半分の面積に東京都同じくらいの人口がまさに犇めく。という感じで、エネルギーにあふれた町でした。
中国の発展ぶりと日本の衰退ぶりを感じさせられた出張でした。

  • 2011年01月15日(土)22時17分

Copyright (c) ITAI Dermatology clinic since 2008
4-67, Chuo, Goshogawara, AOMORI 037-0036, JAPAN